更年期障害によるかゆみの対策を知り症状を重くしないように理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

かゆみ

更年期障害の変調の中で多くみられる症状

年齢がある程度進行していくと肌はどうしても衰えてしまうものです。外見だけではなく、肌に発生する変調も増加していくことでしょう。更年期という時期では、その変調が多くなっていくといわれています。更年期障害の典型的な症状とも言われ、更年期障害の変調の中で多くみられる症状の1つはかゆみです。

体の一部がかゆくなる

かゆみというのは、子供の頃にアトピーで苦労する人が多くいますが、年齢が進むにつれて、そのような症状は消えると思います。そのあとは、痒みで悩むということは少なくなると思いますが、40代後半の更年期になると更年期障害によっていきなり、体の一部がかゆくなってしまいます。

ホルモンバラスの乱れによって肌が弱くなってしまい刺激に対して敏感になってしまうことが原因の1つのようです。肌を保護するセラミドが極端に減少してしまうことから、乾燥肌になってかゆくなってしまったり、ダニやノミに刺されやすくなったりすることから、痒みの症状が出てしまうのです。

対策法

ポイント

こういったかゆみの対策法としては、クリームを塗り肌を守ることが1番効果的だと思います。乾燥肌の場合には、湿気を保つ必要があります。部屋に加温器などを設置しておくと日常的に肌にうるおいを与えることが可能になるので、効果的な方法だと思います。

タオルで擦りすぎない

注意しなければならないのは、タオルで擦りすぎないということです。かゆい とどうしてもかいてしまうのですが、肌を荒れさせる原因になり、かいたところからばい菌が侵入し てしまうと病気になる可能性も出てくるのです。なので、かくのは我慢し、痒み止めの軟膏を使用し 、書かずにやりすごしましょう。常に保湿クリームを使うなどして、そのままで放置しないようにすることが 大切です。

更年期障害の症状の基礎的知識