更年期障害は筋肉の衰えも体操で防ぐこともできることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

更年期障害と尿漏れ

体の様々な所から衰え

更年期になると、体の様々な所から衰えを感じるようになるのです。聴力や視力などの五感、握力や足の速さ等の筋力面など本当に様々な場所から衰えを感じるようになってしまうのです。その中に、人にあまり告知することが出来ないのですが、尿道や肛門などの開閉するための筋肉が衰えてしまうこともあるのです。

筋肉が衰えること

そういった筋肉が衰えることによって排尿漏れの症状に悩んでしまうことがあるのですが、これも更年期障害の1つの症状となるのです。更年期障害の中でも、深刻でストレスがたまる症状として多くの人が苦しんでいるのは、尿漏れなどではないでしょうか。

咳をした瞬間や、少しの運動をした時などに尿漏れが起こってしまうことがあり、とても厄介なもので、そういった悩みを抱えている人は多く女性が苦労してしまっている問題なのです。筋肉が低下してしまったことによって、締りがゆるくなってしまうのです。

日常的に困る

ポイント

尿道や肛門をしめる筋肉が衰えてしまうと、日常的に困る症状が出たり、周りとの交流のめんで、とても大きな支障が産まれてきてしまうのです。人前で失禁するなど、人生の汚点とも考えられます。少しの事で尿漏れをしてしまうという状態になってしまうと、人と接すること自体とても大変なことに感じますよね。

精神的につらい状態
笑顔の看護師

そうなると必然的に孤独になり、精神的につらい状態になってしまいます。対策と しては、薬によって治療した方がよいでしょう。更年期でも前半という方は薬物療法よりも、骨盤底筋 強化などの方法で筋力をつけた方が良いと思います。筋力増強は40代であれば、まだ間に合うので体 操などによって改善することが可能です。 手遅れと思わずに、今からでも始めると全然違いますよ。

更年期障害の症状の基礎的知識