更年期障害は男性女性関係なく起こる症状であると知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

更年期障害の原因

明確な原因となる症状は不明

更年期障害は明確な原因となる症状は不明でした。病気という認識さえされていないようなのですが、実際には病気と呼ばれるような症候群や、風邪、肺炎などの病気とは異なることが多いのですが、更年期障害は立派な病気となっているのです。他の病気になる可能性もある、とても厄介な病気という認識がよいでしょう。

閉経前後

病気といわれる以上、原因はあるのです。医学が発展した事によって、原因の解明が出来るようになりました。更年期障害の原因は、多くあるのです。その中でも1番見受けられるのは、ホルモンバランスの乱れなのです。更年期、45歳から55歳程度の年齢で女性は卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が変化します。

閉経前後のこの期間には、心身のバランスが崩れる原因となるので、更年期障害を再び呼び起こしてしまうのです。卵巣機能が低下してしまうことによって、エストロゲンが減ってしまうのです。エストロゲンの不足は脳にストレスを与えてしまうので、それも原因となっているようです。

エストロゲン以外の原因

ポイント

エストロゲンが原因だといわれることが多くあり、女性のみの病気だという認識が多くある更年期障害ですが、こうなってしまうと事例としてもある男性が更年期障害になるということは実証されません。男性も更年期障害の症状を患うことがあり、当然ながら、エストロゲン以外の原因があることが考えられます。

男性が更年期障害になる理由
しびれを起こす男性

男性が更年期障害になる理由として1番に挙げられるのは、ストレスだといわれ ています。仕事上でストレスが多くなってしまうのは、責任ある立場になる40代から50代が一番多いと いわれています。そこで、何かしらのストレスが蓄積され、更年期障害の症状が出てきてしまうのです。 特にこの年代は職場では中間管理職になることが多く、一番ストレスがたまりやすい年代になるのです。 年齢的にもきつい歳になりますが、その上に寝不足となるとかなりのストレスになります。歳をとるごとに 睡眠時間も減ってくるのでダブルパンチになりますが、正しい生活習慣をしっかり意識しましょう。

更年期障害の症状の基礎的知識