更年期障害による髪の毛の変化に効くマッサージがあることを知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

更年期障害と髪質の変化

エストロゲンという女性ホルモンの減少

更年期障害で症状を引き起こしてしまう直接的な要因となってしまっているのが、エストロゲンという女性ホルモンの減少が原因だといわれています。エストロゲンが減少することによって、起こってしまう体調不良は豊富にあるのです。その中に体の変化や衰えに対しても、関係しているといわれていて、目に見えて変化が起こるのは髪の毛だといわれています。

とても多くの方が悩んでいる症状

エストロゲンの中には髪の毛を成長させるための指令を出している働きがあるのですが、幹細胞が分裂することによって、毛髪を成長刺せる命令を出します。更に、コラーゲンを育てて、潤いのある抜けにくい髪の毛を作る働きをするように脳に流してくれる物質なのです。

更年期障害で髪の毛がバサバサになってしまったり、抜けやすくなってしまうことは、とても多くの方が悩んでいる症状なのです。更年期にエストロゲンが減っていってしまい、髪の毛の成長や潤いを増進させる働きが減少してしまうことが1番の原因だと言われています。

髪は女性の命

ポイント

女性は、髪の毛の質が変わるという症状に頭を抱えるでしょう。髪の毛が痩せてしまい、貧層になるということは見た目からもかなり影響が出るでしょう。抜け毛でも、男性で悩んでいる人が多い一方だからこそ、余計に打ち明けにくい症状の1つで、女性にとって髪は命なので、髪の毛の変調は大きな問題です。

エストロゲンの分泌を促すマッサージを定期的に
マッサージ

対策は、エストロゲンの分泌を促すマッサージなどを定期的に受けるなどの方法が1番良いと思います。大豆 イソフラボンやアンデス人参、食事やサプリメントの摂取で増加させるという方法もあり、エストロゲンを一定量保つため の努力をすることによって髪の毛の変化を遅らせることが出来ます。サプリであれば、簡単に誰でもできる方法ですので、 これで髪の毛の変化を食い止められるのであれば、試さない手はありませんよね。お試し品などで色々なサプリを試してみて 合うものを探してみましょう。

更年期障害の症状の基礎的知識