胃の不調を避ける為に対策を知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

更年期障害と消化器系の不調

消化器系の不調

更年期障害だけではないのですが、年齢を重ねるにつれて消化器系の不調が多くおこることがあります。生活していく上では、とてもつらい症状となると思います。胃の痛み、吐き気、食欲不調、下痢、便秘など多くの方が何かしらの理由でこういった症状を体験したことがあると思います。

更年期障害が引き金か他に原因か

誰もが一度は経験したことがある先にご紹介いたしました症状も、更年期障害の症状の1つとなっています。消化器系の不調は、その症状がつらいという以外にも難しいという点があるのです。更年期障害が引き金なのか、他に原因があるのかという判断をしづらいのです。

胃の不調などはとても多くの原因があるといわれていて、ストレスが蓄積されたとき、食べ過ぎたとき、病気、体質などとても多くな原因があり、ストレスなどによって慢性的な胃腸炎などに発症している人は更年期障害が原因で胃の不調があるという風には考えないと思います。

対策法

ポイント

胃の不調を更年期障害で感じていても、自分の体が胃腸が弱ければ更年期障害のせいだとは誰も思いませんよね。そのせいか対策法は間違ってしまうことがあり、更年期障害のストレスによって起こることもあるので、間接的な原因になってしまうこともあり、特定が難しいという点で苦労する症状なのです。

改善法として一番はリラックス
リラックス

改善法としては、一番はリラックスではないでしょうか。仕事からのストレスは、仕方がないとして、どれほど早く体 から抜いてしまうかが重要になります。趣味をきわめてもよいですし、ランニングやスポーツジムに足を運び、思いっきり疲れ、ゆ っくり眠るとよいでしょう。食事の改善も必要であれば行いましょう。ただ食生活の改善とはいっても、無理をして食べたいものを我慢 し続けてはかえってイライラが増してしまいますので、時には食べたいものをご褒美として食べる、という習 慣を身に着けると効果的です。常にしんどい思いばかりでなく、ご褒美を用意して自分を褒めてあげることも大事です。 この方法は心理学的にも効果が認められている行動を継続できやすい方法です。

更年期障害の症状の基礎的知識